HOME>トピックス>消費者目線の税金の仕業には住宅関連もある

目次

税について知る者

計算

港区には税理士が籍をおく事務所が点在しており、基本は、税務対策に利用できる者を指します。相続税、固定資産税、譲渡税の対策は不動産関連で対策が必要で、港区在住の消費者も例外はありません。知っておきたいのは住宅取得に様々な税金が課されることで、持っているだけでかかる税の相談もできます。固定資産税や都市計画税、これらの税率は国が一応の目安を示していますが、市町村ごとに違いがあります。どの場面でどんな税金がかかるのか、どのくらいの金額になるかを知るのが税理士業なのです。

控除について知る

港区で活動する税理士も、建築ラッシュとなる昨今、住宅に関する税の特例を熟知しているといいます。税制は毎年のように改正が行われていますが、住宅ローン控除を含め、税制の特例措置についても相談可能なのは魅力です。

知りたい情報を教えてくれる

納税者が自分自身で税額を計算して、申告の手続きをしなければならない場面にも、税理士がサポートしてくれます。例えば、港区の自宅を売却すれば居住用財産を譲渡した場合の特別控除があり、課税譲渡所得から差し引くこともできます。つまり、売却した自宅の課税譲渡所得が最大の3000万円であれば、課税される所得は0です。税理士業ならば知り得る内容ですが、所有期間の長短に関係なく適用を受けることができるようです。また、知り得ない情報も教えてくれます。軽減税率の特例の適用を受けられるパターンがあること、譲渡損を損益通算するなどを教えてくれます。

広告募集中